Blog

始動

ブログを書こう書こうと思いもう1月の半分過ぎてるよね。

dvc00007

赤シャツ現場監督員モリです。あ、これは19年前の成人式の時の写真です(笑)

お陰様で仕事も忙しく、新たな仕合わせも舞い込んで感謝感激モリ リョーヘーです。

とりあえずやってみる

ずっと取り入れたいと思っていた「Adobe Photoshop CC」。写真を撮るのが趣味で、これまではデジカメに無料で付いていたソフトで編集してました。しかし「表現」の仕方や種類は有料には勝てず悶々としてました。そしてソフトをインストールするには現状のPCスペックでは使えない化石PC。OSは「Windows Vista」といって約13年前にリリースしたもの。ウェイクボードの滑りを研究するため当時出始めたハイビジョンカメラ ソニー「HDR-HC1」で撮った映像を編集してました。今YouTubeで見たらブロックされてましたが(笑)RAW現像ソフトを入れる際のPC推薦スペックで調べると良いお値段しますね。そして悩んだのがマイクロソフト社にするかアップル社。仕事で使っているのはWindowsだから慣れているしお値段も割安。でも去年からスマホもiPhoneにしたからとMacbookProに決定!!

近くに知ってる町の電気屋さんもないし、アカウント持ってるから大丈夫だろうとTポイント貯まるサイトで購入。LANポートないのね。CD入れるところないのね。と浦島太郎状態でした(笑)

 

自分で調べる

以前、尊敬するモデル兼、カメラマン兼、ゴリラ会会長から教えていただきました。人に聞く前に自分で徹底的に調べなさい。人に聞くのは簡単で早いけれど、今の時代Googleなりスマホがありすぐ調べられるのだから忙しい相手にも失礼だと。確かにそうだと。検索すれば出てこない物はほとんどない時代。そして調べると分ったのは色々な答えがあるということ。同じ答えでもアプローチの種類などさまざま。そうするとある程度なんでも出来ちゃいました。Macbookを箱からだして充電。電源入れて国と言語指定してWi-Fi設定すれば聞かれたことを入力するだけ。おそらく30分もかからず設定完了。

いよいよAdobe Photoshop を購入。昔はディスクを読み込んでインストールしてた。え、何言ってんの?と思われるかもしれないけど本当にその時代で止まってた。色々と買い方があるけど月払いの方が良いらしい。これはツキイチカメラ部で話していて、貸衣裳屋さんでプロのカメラマン カッシー が教えてくれました。バージョンアップや修正が起きた時に対応できないからだと。そして支払いもキャッシュカードを登録するだけ。なんて簡単なんだ。無事インストール出来て試しに撮ったRAW画像を現像してみた。この操作方法も動画でたくさん出てくる。Vistaで動画見ながら編集(笑)

9FD0189D-4B15-42E1-A18D-EDC1F85EE834.jpeg

 

これからの武器になる

正直ボクは小遣い制で今後の資金練りもありかなり悩みましたが何とかなるだろと購入。おまけに次のステップに行くには無くてはならない物。知識やレベルアップにはいい道具は必要だと思ってます。以前の竣工写真を撮ったときも「Photoshopがあればよかったなー」と感じたことがあった。だから最後に言い訳したくないしね。そして長く使えるものだと思ったら安い物。(安くはなかったけれども)再来月にはこいつを使ってレベルアップできるはずなので、それまでに触っておきたかったしね。あー楽しみだ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

広告

櫛舎健太という男の話を聞いて

IMG_6421初めて5月に会ったオンデーズの2人秋山さんとクッシーさん。岡山で会うまではあまりオンデーズのこともよく知らなかった。ただ、オンデーズ田中社長よりも長く勤めているクッシーさんだからこそ感じたり見てきた、リアルオンデーズ再生物語のストーリーに凄く引き込まれました。

沖縄のSNS研修での話や「ツイッターはフリスク感覚」の話を聞いて、ボクも去年からSNSを始めてこれからどうすればいいかを学びに行ったエクスマ塾でのことを思い出しました。

そして発信を続けて起こった事の話をするクッシーさんを見て本当に楽しかったんだろうなと感じました。

突発的に知りあったのではなく、発信を続けて受信もしてお互いの素性が分かって起きた事だと思うからやっぱり楽しいことや共感してもらえる情報を発信するべきです。

オンデーズは発信しやすいインフラや認知されやすいコンテンツが整っているから個人まで認知して頂いてると言ってました。こればかりは個人では難しいと思うので会社全体やチームで力を合わせる必要があると思います。

 

 

先月カガ―ワまで来て下さって話してくれた内容について先日、月に一度高見を目指す仲間たちと行っている勉強会「Tsukiichi」でクッシ―さんの話を聞いて感じたことや意見交換をしました。

ただ聞いて、セミナーに参加して満足しているようではそこらへんの訳のわからない集まりと同じになってしまいますからね。

今回から市役所に勤務するメンバーも初めて参加してくれました。現在16名いるメンバーは全く同じ職種がいない。今回はテーマを決めずOWNDAYSに努める櫛舎さんの話を聞いて、また田中社長の著書「破天荒フェニックス」を読んで感じたことを話し合いました。

ボクは経営者ではなくサラリーマン。仕事に対する姿勢や意識が違いすぎてあれですが同じ雇われ社員としてどうしても話を聞きたかった。

まずOWNDAYSを再生した田中社長を尊敬して、会社が好きになり楽しんで仕事をしているクッシ―さん。本には書けないようなどん底から今のOWNDAYSに再生した本部メンバーの皆さんは本当にすごいとも言っていた。そして短パン社長たちに受けた研修がさらにたくさんの素敵な出会いがあったと。

この話を聞いてボクも今年「エクスマ塾」に飛び込んで学んだ気付きをもう一度思い返した。自分がどうしたいか、これからのことを見据えて”アクション”を起こさないと何も変わらない。時間はみんな平等だから。

今回のTSUKIICHIでボクの想い、悩みも聞いてもらった。小さなことかもしれないがどうすればいいか分からないまま夏が過ぎていた。立場が違うからこそ参考になるアドバイスを沢山もらえた。仕事中でも思い付いたときにアドバイスをくれるパイセンマジでありがたい。

IMG_6418.jpg

そして経営者ならではの悩みなども聞けて気付きもたくさんあった。話し合っている音声をツキイチメンバーの従業員に聞かせてあげたいとも思った。それ位深く話し合った会だったと思う。

出入国管理法改正案を閣議決定してTVインタビューに答える人を見て、あんな風にならない様にしようと思った秋。受け身ばかりじゃ逸脱出来ないよね。初めてのまじめなブログは尻つぼみな感じでおしまい!

その男、穏和につき

どうもお久しぶりです。気づけば前回のブログから一月半経ってる。サマーキャンプぶりやん。またキャンプしたいなー。パックンブログは来年かなー。

 

ツキイチ

ボク達は「ツキイチ」と言って、月に一度集まって勉強会をしてます。経営者や役職に就いてる人、会社に勤めている人が10数名ほどいます。楽しく仕事が出来るように、また仕事に対して悩みがあれば相談解決をし、いいアイデアがあると共有できるように集まってます。

 

今月は19日(水)にオンデーズおじさんこと「あのハラ」さん経由でOWNDAYSブルメール舞多聞店の店長、櫛舍健太さんがカガーワへ遊びに来てくれました。せっかく来てくれるのでクッシーさんにツキイチで話をしてもらうことになりました。

クッシーさんと初めて会ったのは今年の5月。岡山市でイオンモール倉敷店の秋山店長とあのハラとナカヤマとで懇親会をしました。その時も熱く社内のことや田中社長のことを話してくれた。

 

 

大庄屋

当日はお昼頃に島に着くから、大庄屋で10PUNうどんを一緒に食べるところからスタート。

※10PUNうどんとは大庄屋の山下工場長が自分の昼休みを利用して営業するうどん屋。よって忙しい時は営業しない、営業する時はその日の朝にTwitterで分かります。

で普段は運転しない車での香川入りでしたがtweet見てると予定よりも早めに瀬戸大橋渡ってた。聞くと運転に慣れるために朝5時起きで一般道を5時間かけて来てくれたw

 

 

本場香川での讃岐うどんは初めてで、釜玉バターと酢醤油で食べる冷やしうどんにかなり感動してた!値段にも。

 

一旦仕事に戻るとあそパンマンも合流してあのハラと3人で温泉に入ったとtweetで確認。裸の付き合いとかサイコーだな!

ツキイチはいつも19:30スタートだけど、クッシーさんが日帰りってことでこの日は19:00スタート。

 

 

IMG_5518.jpgまずはあのハラさんが紹介。どう見てもクッシーさんの上司のような貫禄。「いち社員の私が皆様の前で話していいものか」という謙虚な挨拶でスタート。自身の苗字が日本に30軒程度しかなく、変換しても出てこないと。そして「舍」をやと呼ばれず「谷」と書かれることが多いと力強く訴えてた。

 

クッシーさんの話が始まると聞き入っちゃってほとんど写真を撮ってなかった。ボクも社員という立場でクッシ―さんと同じだからどういった姿勢で働いているのかなどすごく参考になると思ったから。田中社長が来る前からのOWNDAYSを知っている数少ない社員さん。だから会社が変わっていく姿を見てきたから社長の凄さを肌で感じたことを聞いた。そして社長への愛も感じた。

全てはお客様のために

バイトの面接から社員の身なりに至るまで細かくルールを決めているそうです。その全てが眼鏡を買いに来てくれたお客様が不快に感じないようにするため。実際にボクもイオンモール倉敷店とイオンモール新小松店に行きましたがメッチャ気持ちのいい対応をしてくれました!面接の段階である程度ふるい落とされるので採用が決まった時点でスキルの高い人物しか残らない。結果会社にとってもプラスになると。とても理にかなったマニュアルだと思いました。そして「破天荒フェニックス」にもありましたが、現場に立っている社員さんをとても大事にしていると言ってました。売上の数字が悪いのは上司のせいだという。社長がこういう思いだと知ると現場の人間は頑張っちゃうよね(笑)業種は違うけれど相手がお客様なのは変わらない。ボクの場合の”社員”は会社の車で現場に行かせてもらって、会社のPCを与えられて図面を書けて、会社の道具で技術を学んでいる。そしてお給料を貰って生活出来ている。この先会社の経営が傾き、経営が出来なくなれば職を失うことにだってなる。この辺りの危機感を感じるか、全て会社の責任にするかで「仕事」に対する姿勢にも繋がると思いました。

 

クッシ―さんが体調不良のかな懇親会にも参加してくれたけど、う○こばかり行って「文ちゃん」を堪能出来ずに帰られたことだけが心残りです。パンツは投げ捨てずに帰宅出来てよかった。次は明石でロシアン対決したいです。遠いところありがとうございました!!

売上20億、負債14億、赤字2億。
『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSが10年間で売上200億、世界10カ国に進出するまでのお話。

勇気もらえるし、今までの悩みがすべて吹っ飛びます!ご注文はお近くのamazonでどうぞ!(笑)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344033507/ref=nodl_

Twitter

Facebook

Instagram

をやってます。よかったら気軽にフォローしてください♪

 

初めて子供とキャンプに行ってきた(最終回)

台風を考慮して急遽7月28日(土)夜に出発。風の影響で橋が通行止めになると島は孤立するから。7月29日に富山県を目指し、7月30日にサマースクール開始。7月31日は1日遊んで8月1日に解散。こうしてスタートした僕たちの旅ブログも今回で最終回。長―――!!

 

好きなことには反応早い

最終日は早朝よりカブトムシ獲りでした。6時15分にロビー集合でした。長男はわりとすぐに起きるのですが次男はいつも遅い(笑)この日もなかなか起きず、「カブトムシ獲りに行くよ」の声で起きました。

ゆかりさんのカブトムシ紙芝居講座を聞いていざ出陣。バスで5分ほどの場所に到着。川沿いの林の中でスタッフさんの探すポイントを聞いて捜索開始。

DSC_2910

みんな早い段階で捕まえてましたが僕らは出遅れた(笑)次男はオスとメスを捕まえてましたが長男がまだだったので手伝うことに。木の上の方にいるカブトムシを長い棒を見つけてたたき落し、飛んで逃げたカブトムシを落ちてた角材を投げつけて捕まえた。飛んでるカブトムシなんて久しぶりに見たよ。

DSC_2913

みんな捕まえられたみたいでよかった。実は家の近くでもカブトムシがいます。仕掛けを作って毎晩親父と次男は捕まえにいってます。でも次男曰く大きさが違うらしく白馬産は大きいそうです。幼虫の段階で成虫の大きさが決まるみたいなので食べる土が良いのだろう。

五龍館に戻りキャンドルのお片付けをお手伝い。子供達も進んでお手伝いしてた。一晩経ってもまだ点いていたキャンドルもあったよ。帰ってきて調べたら虫よけだけでもいろいろなキャンドルがあったのでいくつか買おうと思います。

 

 

この目で見たかった

朝食を済ませてコーヒー飲んでたら暴君が持って来てくれた特製サンド・・・

IMG_4666.jpg

ブログ塾ということを少し忘れてたよね。美味しかったけれどお腹いっぱいになったところにパン2枚+α。残さず全て食べました(笑)

解散前に集合写真を撮ろうってことで少しの時間があったので是非行きたかった場所へ急いで行ってきました。

DSC_2940

DSC_2968

白馬ジャンプ台!!

五龍館から800m、車で2分の場所。あの感動の日の丸飛行隊が飛んだ場所。ノーマルヒルとラージヒルどちらも上がれます。この展望台まではエレベーターと階段で行けます。階段も3階分くらい上がるので疲れたー。網状の階段なので下が丸見え。ちょっと高所恐怖症の次男はビビりまくり。なんとか登った景色は最高でした。それとジャンプ台が思ったより高いのと幅が狭い。これは怖い。ジャンプ競技者スゲーわ!

下におりて記念撮影しようとゴール地点へ。間違っても階段では下りない方がいいです。たしか216段ありました。

DSC_2994

DSC_3008

撮影用小道具のスキー板やヘルメットに衣装まであったけど集合撮影の時間を過ぎてたので急いで帰りました。絶対面白い写真が撮れるので是非使ってください!(船木~)

ホテルに帰り集合写真を撮ってみなさんとあいさつ。カガーワまで700kmノンストップで8時間ちょっとだったので早めに出発を計画。

 

 

移動の距離だけ得るものがある

昨年の今頃はブログはおろかツイッターもしていなかった。旅行といえば目的地に行って帰るだけ。エクスマを知ってSNSを始めてからは目的が場所もありますが「人」になってます。SNSで知り合ってその人の生活、住んでいる地域を知ってここに行きたいと思うようになりました。SNSでその人の素顔というか性格も大体わかるので、会うのに不安はありません。ボクは口下手なのでうまく話せませんが楽しんで行ってます(笑)帰りは確かに10時間かかり疲れましたが行ってよかった。子供達のためにも。企画&段取りをしてくれたゆかりさんとマックス、ありがとうございました。また来年も参加したいです!

IMG_4873

初めて子供とキャンプに行ってきた(2日目)

まいど、白馬村にキャンプ行ってきたブログ第3段目やで。詳しくは前回前々回を見てね!

テントで寝て起きたらこの景色。

IMG_4605

そう、それがHAKUBA!!

五龍館へ戻って朝食からスタート。子供達も自分で好きな食材を選んでいるのでいつもよりたくさん食べてた。朝食後にゆかりさんとマックスがそれぞれ家族に合ったおすすめスポットを教えてくれました。

 

トロリーバス

このサマーキャンプに参加すると決めてからここには絶対に行くと決めてました。そう「黒部ダム」へ!日本で最も堤高の高いダム。富山県側からと長野県側から行くことが出来る黒部ダム。トロリーバスに乗らないと辿り着かないので扇沢駅を目指します。あの「水曜どうでしょう サイコロの旅」に出てきたトロリーバス。五龍館から35kmの距離で車で40分程度です。平日の火曜日ですが10時に到着しましたがすでに230台停められる無料駐車場は満車。扇沢駅からは、電気で走る「トロリーバス」に乗って全長6.1kmの関電トンネルを抜けて黒部ダム駅に向かいます。名前にバスと付いてますが電車の仲間で今年で役目を終えるラストイヤーだそうです。大人1,540円(往復 2,570円)小人770円(往復 1,290円)で約15分でダムへ到着。

 

 

黒部ダム

トロリーバスを降りると展望台行とダム行に分かれています。展望台まで220段の階段を上ります。息が上がるのが早く感じたのは標高1400mだからなのか。子供はスイスイ駆け上がってたな(笑)

天気が良くて本当に良かった!堤高、 堤頂、長堤体積が日本の全ダム中1位はスケールが違い過ぎた!上がってきたら下りないといけない。これがまた約10kgのカメラ機材を背負うと太ももにくる。でも下りるたびにダムの景色は変わって夢中でカメラ構えてた。

DSC_2674

DSC_2705

子供は疲れて無料の休憩所で休んでました。小さなお子様連れで全て見るにはかなりの体力が必要かと思います。

1956年(昭和31年)着工、171人の殉職者と7年の歳月をかけて、1963年(昭和38年)に完成したダム。工事中の映像も見ましたが作業員延べ人数は1,000万人で手作業も多かった時代を象徴してますね。IMG_4629.jpg

展望台から下る途中にあった黄色いコンクリートバケット。これにコンクリートを入れて200m下へクレーンで運んでいたそうです。町中で見かける大型コンクリートミキサー車2台分のコンクリートを運べます。

ダムまで下りてくると「黒部ダムレストハウス」があります。DSC_2665

昼食はここのカレーと決めてましたので午前中にきました。そう「ダムカレー」です。「黒部ダムカレー」と「アーチカレー」がありアーチカレーを選択。ここで子供が注文したのはざるうどん(爆)久しぶりに食べた普通のカレーは甘く感じましたw

IMG_4641

帰りも同じトロリーバスに乗るため駅に向かいます。駅までのトンネル内の気温が15℃と表示。これは寒かったー!トンネル内に飾ってあった工事完成時の写真が印象的でした。今は簡単に行くことが出来るけど、人が行くこと自体が当時命がけだった秘境の黒部秘境でのダム建設の困難さを示してました。

 

 

自然いっぱいの公園

お昼からは国営アルプスあづみの公園へ移動。扇沢駅から南へ20km、車で30分ぐらい。ここもたくさんある――!!しかも中学生以下無料!大人の入園料¥450!ここで1日遊べます。総面積353ヘクタールと広すぎます。「堀金・穂高地区」と「大町・松川地区」に分かれてまして、森家は大町・松川地区の渓流レクリエーションゾーンを目指しました。広いので当たり前ですが公園入口から約1kmを歩いて目指します。ベビーカー用に舗装された道もありますが林の中を歩いて行ける近道も存在します。自然公園内なので動物も共存しているらしくクマ避けの鐘が所々に設置してました(笑)黒部ダムで階段を上がり下りして疲れた次男が文句を言い始めると着きました。

DSC_2759

 

事前にマックスからマリンシューズ必須と教えてくれました。国営公園なのでビーチサンダルでは入れないそうです。川下にはガードマンが立っていてもしもの時にも対応できるようになってました。

ボクも水着でしたが足を水に浸けてるだけで涼しい。それぐらい冷たかった!休憩なしでずーと遊んでましたよ。

川好きにはたまりませんね(笑)

 

 

キャンドルナイト

公園から五龍館までは30km、車で40分ほどで到着。さすがに2人とも爆睡してました。五龍館につくと見たことある方を発見。もっさんこと藤本成啓さんがキャンドルを設置されてました。2日目は五龍館で宿泊なのでみんなで夕食。トマトと食べるすき焼きが美味しかったー!食べるのに夢中で画像なし!この他にも朝食同様に好きな料理を取ってきて食べられるので子供たちもたくさん食べてました。短パンビールも少し残っていたようでもっさんも飲めたそうでよかったです。

食事が終わってキャンドルナイトの開始。

DSC_2775

DSC_2815

200個のキャンドルはいうまでもなくキレイ。水を入れたカップの中にキャンドルを浮かべているので風が吹いても倒れないようになってました。写真では伝わりませんがゆらゆらとカップ内で動く炎はボーーッと見ていても飽きません。リラックス出来るというかずっと見ていられる。

花火も用意してくれてました。こんなに大人数で花火したのは初めてかも。良い写真がいっぱい撮れました。

油断していると三脚が暴君の餌食に。マンフロットのカーボン三脚が・・・

DSC_2865

炙られてました(笑)みんなで大笑いしてお片付け。ここからお待ちかね希望者のみHakuba Taproomへ移動しました。あの短パンビールを手掛けたタップルームへはホテルから300m徒歩5分です。着いて目にしたのは・・・

DSC_2890.JPG

CLOSED・・・。チックショ―――――!!

予約をしていれば開けてくれているそうですがお客さんが少ないと早く締める時があるそうです(笑)ご利用は計画的に。しかし帰り道でアスファルトにいるカブトムシのメスを見つけて子供は大喜び。翌日は早朝よりカブトムシ獲りがあるのでホテルに帰りとっとと寝て2日目終了。

 

これほど内容の濃い一日を過ごしたのは久しぶりで楽しかったなあ。ボクは職業柄なかなか連休が無いため子供と長時間いられることがあまりない。おまけに0歳から81歳までが同じ空間で笑いあえることなんてそうそうないですよね。本当に行ってよかった。ってことで最終日はまた次回に持ち越しっす。

 

 

Twitter

Facebook

Instagram

をやってます。よかったら気軽にフォローしてください♪

初めて子供とキャンプに行ってきた(本編)

風邪をひいてなかなか治らないのは年のせいでしょうか。あ、りょーへーです。

初めて男3人でマックス主催のサマーキャンプに行ったことをブログにしたら長くなったので分けました。前回ブログに続いていよいよ白馬村編です。富山県高岡市に前泊して集合時間13時を目途にゆっくり向かいました。五龍館まで150kmの道のり。下りた糸魚川ICは新潟県だったのを現地で知り若干テンション上がる。初ガタニイ。高速道路を降りて国道148号線を約50km走り到着!

IMG_4577

 

 

景色がとにかく綺麗

昼食を取って集合でしたが子供達がお菓子食べながら来たせいでお腹が空いていないと。いつでも食べられるようにコンビニで購入して五龍館へ。おそらく一番乗りで到着していて、すぐにマックス家族が到着。皆さんとあいさつをして全員集合まで時間があったのでカメラ持って旅館付近を散策。ホテルからはあの長野オリンピックで感動をくれた白馬ジャンプ場も見えます。スキー場も近くにあるのでスキー用品店がたくさんありました。

あと山に雪が残っているのがとにかく信じられなかった!山の岩や土が白いのだと思ってた。ハイジの世界だった。生えている木も四国では見ないものがあった。

大体参加者が揃ったのでキャンプ場に移動しました。場所は「白馬グリーンスポーツの森」という所で五龍館から3kmほどの位置にありました。

 

木に囲まれている一角は五龍館が契約しているエリアだそうで、木陰の下なので日中でも全然暑くなかったです。子供達は水着に着替えてすぐに遊び開始!

taiken-map-2016-w850-20180324-700x385

施設内には川が流れていて池には木のイカダ。アスレチックに釣り堀ととにかくたくさん遊べる!

うちの子供は釣りが初めてでやらせてみました。練餌を針に付けて池に入れると直ぐに食いつきます。簡単に釣れますがリリースは禁止のため注意(笑)釣った魚は¥300で焼いてくれます。臭みもなくビールに合いました!それからは子ども達だけでアスレチックや鬼ごっこして遊んでました。ミヤマクワガタが昼間に見つけられる場所にかなり驚き!

愛知から参加されていた市野さんファミリーのしっかりした長男コウタロウくんがウチの長男と同い年だったこともあり終始一緒に遊んでくれました。子供達のほうが打ち解けるのが早かったなー。

 

準備片付けは一切なし

夕方からBBQ開始だったのでテントに戻るとすでに火は起こしてくれてました。お肉も野菜も全てカット済み。クーラーBOXから出して焼くだけ。素人キャンパーには助かります。ゆかりさんも合流したところで知多牛専門のレストランを営んでいる市野さんからハンバーグとA5のお肉を差し入れしていただき大人のテンションアップ!

市野さん自らハンバーグを焼いてくださりました。このハンバーグはほんとに美味しかった!!たらふく食べて飲んで良い気分になれたのは子ども達は子ども達で遊んでいたから。知らないうちにサマースクール参加者以外の小学生とも一緒に行動してた(笑)この経験は地元や家族だけで出かけていたら出来ない。

みんな良い顔してますね♪

 

いよいよあのビール

一旦ホテルに戻りお風呂タイム。内湯と露天風呂があり、美肌をつくる強アルカリ泉つるっとした「うなぎ湯の天然温泉」だそうです。そしてあの「短パンビール ペールエール」の生ビールを頂きました。風呂上りの短パンビールは最高でした。

もちろん大人だけ楽しむのではなく子供達にもマックスが企画してくれてました。ビンゴゲームです。子供だけが参加できるゲーム。これもうちの子は初めてで最初は意味が分かってませんでした。でもみんな「リーチ」や「あと○○番来い!」と盛り上がってました。ボクはマックスの結婚記念Tシャツが欲しかった!いずれ売りに出されるそうなので要チェックやで!!

アプリでビンゴゲームが出来る時代がこの子たちには当たり前なのです。しかしなかなかビンゴしなかったり、マックスのスマホのバッテリー切れたりと面白おかしく一日目が終了。

 

初めてのテント

テントも五龍館スタッフさんが張ってくれているので寝るだけ。でも小さなお子様連れやテントで寝れないという方は事前に言っておけばホテルで泊まれます。ボクはテントに戻り子供を寝かせてから、0時頃まで炎を囲んで大人タイムを満喫しました。テントには寝具も用意されていて寝るだけでした。もっさんこと藤本成啓さんのカメヤマローソクから販売されてる虫よけようのキャンドルも設置されてましたので蚊にも刺されませんでした。川の水が流れる音を聞きながらのテント宿泊は贅沢だった。LEDランタンも各テントにあるので安心でした。

2日目と最終日はまた次回に書きますね。このお盆に五龍館を訪れる知り合いファミリーの為にも今週中に仕上げます!!おしまい。

 

 

Twitter

Facebook

Instagram

をやってます。よかったら気軽にフォローしてください♪

 

 

初めて子供とキャンプに行ってきた

IMG_4579四国の香川県観音寺市の建設会社、㈱曽川建設で現場監督員をしてますリョーへーです。ブログを書こうとしてもう1週間も経ってしまいました。はい、「マックスブログ塾サマースクール」に参加してきました。子供2人と。6月頃に主催者であるマックスから誘われて子供とボクの予定を確認してました。白馬村まで香川県から700kmという距離。嫁さんは仕事の予定で無理。正直悩んでましたが、ちょうど「短パンビール部」のみなさんのSNSを見たことで参加を決心!あんな外国みたいな景色を見てみたい

早速サイトで確認したら本当に全て準備してくれる。五龍館に寄せられたお母様方の意見を参考に出来たファミリーキャンププランだそうです。http://www.goryukan.jp/plan/plan_camp/

 

 

 

どうせ行くなら会いに行こう

サマースクールは7月30日(月)~8月1日(水)の2泊3日でしたが日曜日に前乗りして700kmを楽しもうと計画しました。五龍館までの道のりは名神高速道路と北陸自動車道のルートがありました。知り合いがいる土地、行ったことが無い土地、子供に見せたい場所を考慮して北陸自動車道を選択。そう、「シノハラファン支部長会議」にお誘いを受けていたのに行けなかった敦賀市へ行くために。事前にシノハラさんには連絡をして空いているか確認。そしてランチをご一緒しました。

IMG_4521

IMG_4513

ヨーロッパ軒のカツ丼!!ごはんもカツも大を注文!味は間違いないのですが店内の雰囲気、流れるミュージックも懐かしく感じる良いお店でした。ただ大は本当にお腹いっぱいになった。

他にもシノハラさんが結婚式を行った由緒ある「気比神社」

 

㈱あめりか屋が改修を手掛けた赤レンガ倉庫

DSC_2201

この倉庫は外壁は当時のまま残して、内部は鉄骨で新たに軸組みを作り屋根も新調した建物だそうです。新築よりもはるかに手間と施工技術を求められる改修工事だったと思います。またモデルがレンガと似合っちゃうよね。このほかにも敦賀の街の歴史を聞いて建物の話を聞いてる時間が本当に楽しかった!そしてもっと聞きたかった。短い時間でしたが敦賀市を案内してくださいました。四国カガーワにはない融雪装置を見たり、信号機が縦だったりと知らない土地は新鮮で楽しかったです。また行きたいな。

 

 

教えてもらった施設

自分でどこに行こうかとネットで調べて行くと、思っていたのと違ったりすることが多かった。でも行った人の感想や情報はけっこう信憑性がある。次に向かったのは石川県の「こまつの杜」。マックスが子供を連れて行くと喜ぶよと教えてくれました。そしてボクも建機好き。ましてや世界最大級の大きさで日本に1台しかないと聞けば行くしかない。

DSC_2248

デカーーー!!

家よりも大きかった。南米チリからやってきて総重量202t 積載荷重297t 最高速度は64.5km/hだそうです。そして現場で実際可動しているときはラジコンで人は乗っていないそうです。参考資料の数字が全て大きすぎてよく解らない(笑)

 

でも子供達の表情暗---!テンション上がっていたのはボクだけ。この時の気温は36℃くらいで疲れもピーク。おまけに休刊日だったので乗ることも展示室も入れませんでした(笑)暑過ぎてちょっと非難しようと近場の施設を探すと有りました。

 

IMG_4537

石川県立航空プラザ

ここも入館無料の施設で近くに「航空自衛隊 小松基地」もあるからなのか実物機が沢山展示されてた。そして人少なーーー!!フライトシュミレーターこそ有料ですが全て無料。

実物T-2ブルーインパルスのコックピットにも座れるのに。室内に大型の遊具もあり天候も気にせず遊べる施設は小さい子供さんがいる人にはお勧めですね。

 

 

ここをキャンプ地とする

700kmの道のりを一日で行くにはゆっくりできないし、せっかくなのでたくさんの土地を訪れたかった。29日(日)に出発して富山県高岡市で前泊。なぜかというと子供達が大好きなドラえもん作者、藤本弘こと藤子・F・不二雄さんの出身地。高岡おとぎの森公園にドラえもんの「空き地」を再現した施設を見つけてました。DSC_2304

自分の子供達の笑顔が見たい。今の瞬間を大切にしたい。こうやって一緒に旅に着いて来てくれることも数年後には出来ないかもしれない。そう思うと自分が子供の時に何をしてもらったら嬉しかっただろうかとよく考えます。そして出来るだけ沢山の経験をさせてあげたい。どの親御さんもそうだと思うけどね。でもなかなか行動出来なかった。昨年から外の世界と言えば大袈裟だけど、SNSを通じて知り合えた人達は何もかもを楽しんでる。自分も楽しめるように日常生活をしっかり意識していこう。

 

着地点がよく解らないけどこの旅の内容が濃すぎてキャンプまで行けない(笑)なので白馬村編は次回にしまーす!

 

Twitter

Facebook

Instagram

をやってます。よかったら気軽にフォローしてください♪